「大丈夫、大丈夫」としか言わない医者に恐怖を感じた