【悲報】日本のJKビジネス、もはや救いようがない