北条加蓮「煌めきのひとときをいつまでも」