千歌「や、やめてよ!」