小学生のころ学校ではこっくりさんや口裂け女などのオカルト話が大流行していた。俺たちは新たに怖い話を作りたかったので邪神を作ったのだが、その邪神は俺たちの命を救った。