平嶋夏海「みなさんのクリスマスの予定は決まりましたか?私と過ごしてくれませんか?」